電子ロックや管理人常駐など、セキュリティレベルの高いトランクルームなら重要品の保管も安心 # Trunk Room Request

電子ロックや管理人常駐など、セキュリティレベルの高いトランクルームなら重要品の保管も安心

複数のロックで安心できる

トランクルームは単なる倉庫ではなく、重要品の保管を任せられる場所になっています。セキュリティを特に重視したトランクルームでは、複数のロックを通過しないと契約した収納スペースにたどりつけない場合がめずらしくありません。建物に入るときにロックを解除し、フロアの移動中に再びロックを解除、最後に収納スペースの扉を開けるときにもロックを解除しないといけない環境です。複数のロックがあるとはいえ、カードキーを導入するなどして解除の手間を減らす工夫もあります。ロックの回数が多いと利便性(快適性)が落ちる傾向にありますが、安全性は飛躍的に高まります。美術品などの大切な品物を預けるにはこれくらいのセキュリティ体制が望まれているのです。

管理人がいると安心度アップ

セキュリティを重視するトランクルームでは、建物入口に警備スタッフ(管理人)が待機しているのが通例です。建物に出入りするときは必ず警備スタッフにチェックされなければいけないシステムです。さらに管理が厳しいトランクルームでは、入口にスタッフが待機するだけではなく、定期的な巡回も行っています。不審者・不審物の警戒にあたるためです。警備スタッフが日中しかいないトランクルームもありますが、そのような場所では建物内の複数の監視カメラによってリアルタイムで監視されているのが通例です。警備専門の会社と提携して、異常を確認した場合はすぐに警備スタッフが駆けつけるシステムになっています。トランクルームは一般的に24時間いつでも品物の出し入れができますが、深夜や早朝に利用したとしても安心して利用できるようになっています。